《鬼滅の刃》ネタバレ172話感想考察!黒死牟の猛攻がヤバい

鬼滅の刃 ネタバレ 172話ネタバレ
けえと
けえと

どうもこんにちわ😎😎

きめっちゃん

前回の鬼滅の刃171話で更なる力を見せた黒死牟

鬼殺隊員たちはどう乗り切るのでしょうか?

鬼滅の刃172話のネタバレを中心に行きますよ!

《鬼滅の刃》ネタバレ172話!ゆっ、指が・・・

ボトッ

指だけが地面に落ちた。

くそっ‼︎くそっ‼︎

ほとんど反応できなかった

それでもまだいい方だった。

もし、行冥が軌道をそらしてくれなければ、地面に落ちていたのは両腕でだっただろう。

また、稀血の影響がないことに焦りを覚える。

その様子を鎹鴉を通じて、産屋敷輝利哉は見ていた。

今動けるのは、炭治郎と義勇。

しかし、彼らにはそのまま無惨討伐に向かわせると判断する。

「上弦ノ壱は、行冥と実弥、無一郎と玄弥の四人が必ず倒す」

《鬼滅の刃》ネタバレ172話!月の呼吸の猛攻

月の呼吸 漆ノ型

「厄鏡・月映え(やっきょう・つきばえ)」

多方向に広範囲の斬撃が飛ぶ。

月の呼吸 捌ノ型

「月流輪尾(げつりゅうりんび)」

一薙ぎで広範囲を切り裂く一撃。

行冥も実弥も逃げるので精一杯だった。

さらに黒死牟の剣撃は続く。

月の呼吸 玖ノ型

「降り月・連面(くだりづき・れんめん)」

切り裂く竜巻が実弥に迫る。

万事休すかに思えたその時、実弥を助けたのは時透だった。

「貴方はまだ両腕で刀を振れる・・・!」

《鬼滅の刃》ネタバレ172話!玄弥の決意

影から様子を見ていた玄弥。

死なせたくない

俺がもっと強ければ

悔しい悔しい弱いことが悔しい

自らの力の無さを嘆く玄弥。

そんな時思い出したのが炭治郎だった。

一番弱い人が、一番可能性を持っているんだよ

弱いと思われてる人間であれば、警戒の壁が薄いんだよ

弱い人が予想外の動きで壁を打ち破れたら

一気に風向きが変わる

そんなことを言っていた炭治郎。

ドクン

ドクン

ドクン

「俺にできると思うか?」

不安が募る玄弥。

しかし、炭治郎を思い出して覚悟を決める。

そして、黒死牟の刀のかけらを口に運ぶ。

俺は

兄貴を

師匠を

仲間を

絶対に死なせねぇ

ドクン

玄弥に訪れる変化は一体?

《鬼滅の刃》ネタバレ172話!まとめ

黒死牟やっぱ強すぎですね。

強さの底が見えません。

行冥と実弥のトップレベルの柱のコンビでも余裕で押していますね。

時透はボロボロなので戦闘での活躍は少し難しそうですが、玄弥が期待です。

鬼に近づきすぎて、その後が心配ですが・・・

とにかく次回は玄弥の変化と活躍が描かれそう。

完全な鬼化して敵に回るということはないと信じたいですね。

鬼滅の刃172話は20巻に収録予定です!

鬼滅の刃173話に続きます。

《鬼滅の刃》ネタバレ171話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ173話

プロフィール

こんにちわ

「きめっちゃん☆」運営者けえとです

鬼滅の刃にどっぷりの理系大学生

 

このサイトでは、独断と偏見で鬼滅の刃をぶった切っています

僕一人で運営しているので、テンポが遅いと思うかもしれませんが、ぜひ楽しんでいってくださいね

Twitterでも鬼滅の刃のことばっかり呟いているので、フォローしてみてください

 

 

LINEの方でもお友だちを募集中です!

ぜひともお話ししましょ

ネタバレ
けえとをフォローする
きめっちゃん☆

コメント