《鬼滅の刃》ネタバレ166話感想考察!風柱参戦!

鬼滅の刃ネタバレ166話ネタバレ
けえと
けえと

どうもこんにちわ😎😎

きめっちゃん

前回の鬼滅の刃165話では黒死牟に為す術もない時透でしたね。

このまま鬼にされてしまうのか・・・

鬼滅の刃166話のネタバレや感想なんかをやって行きますよ〜

《鬼滅の刃》ネタバレ166話!助太刀に入るも・・・

刀を突き刺され抵抗できない時透。

死んだとしても…

死とはそれ即ち宿命…

故に…お前はそれまでの男であったということ…

けえと
けえと

冷徹な思考😑

その様子を物陰から伺い、タイミングをはかる男がいた、玄弥である。

ドンドン

発砲。

しかし気づいたときには国芝生に後をとられていたのだった。

ゴトン

対応する暇もなく左腕を切り落とされてしまう。

そして、反撃しようとした右腕、胴体までも一瞬にして斬られてしまう。

そうか…鬼喰いをしていたのはお前だったか

時透はと言うと、突き刺された刀を抜くことができないでいた。

けえと
けえと

言っちゃ悪いけどシュール( ˙³˙)

貴様のような鬼擬き…生かしておく理由は無い…

黒死牟の月の呼吸で首を切り落とされかける。

《鬼滅の刃》ネタバレ166話!風柱参戦

それを防いだのは、他でも無い風柱実弥だった。

風の呼吸 肆ノ型「昇上砂塵嵐」

無数の無秩序な剣閃で黒死牟を退ける。

テメェの頚をォ

捻じ切る風だァ

けえと
けえと

登場めっちゃかっこいい🤩

何のために俺がァ

母親を殺してまでお前を

守ったと思ってやがる

それを聞いて、炭治郎が言っていた事をふと思い出す玄弥。

お兄さんは鬼殺隊に入ったことを怒ってはいたが、憎しみの匂いは感じない

伝えたいことがあるなら言ったって大丈夫

玄弥のことが変わらず大好きだから

そんなことを言っていた炭治郎。

炭治郎の言った通り、玄弥のことを思う実弥。

「ごめん兄ちゃん…ごめん」

今は謝ることしかできなかった。

《鬼滅の刃》ネタバレ166話!猛烈な攻防

ほぅ…兄弟で鬼狩りとは懐かしや…

許さねェ許せねェ許さねェ

弟を刻まれたことに激昂する実弥。

刀を一振りする黒死牟。

実弥は、それを躱してそのまま反撃する。

そして続けて攻撃を仕掛ける。

壱ノ型「塵旋風・削ぎ(じんせんぷう・そぎ)」

切り裂く風が進む。

黒死牟に傷をつけることができなかったが、刀身を晒させる。その刀身は根元から先の方まで、目玉で埋め尽くされていたのだった。

気色の悪ィ刀だぜェ

《鬼滅の刃》ネタバレ166話!まとめ

玄弥いたんですね。

玄弥がいたってことは実弥が来てくれるって思っていたら、その通りになってくれました。

これで柱は1人目。

はっきりってまだまだ足りないですね。

まだ刀身を見せただけなんで…

ここから参戦してくれるのは誰なんでしょうか?

鬼滅の刃167話に続きます。

《鬼滅の刃》ネタバレ165話<<

>>《鬼滅の刃》ネタバレ167話

プロフィール

こんにちわ

「きめっちゃん☆」運営者のけえとです

鬼滅の刃にどっぷりハマった理系大学生

 

このサイトでは、独断と偏見で鬼滅の刃をぶった切っています

僕一人で運営しているので、テンポが遅いと思うかもしれませんが、ぜひ楽しんでいってくださいね

Twitterでも鬼滅の刃のことばっかり呟いているので、フォローしてみてください

 

 

LINEの方でもお友だちを募集中です!

ぜひともお話ししましょ

ネタバレ
けえとをフォローする
きめっちゃん☆

コメント