《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎の名言がイイ!煉獄さんの名言セリフまとめ

キャラ
けえと
けえと

どうもこんにちわ😎😎

きめっちゃん

突然ですが煉獄さん、めっさかっこいい♪

非常に人気が高いですよね。

そこでこの記事は

・煉獄杏寿郎の名言・セリフまとめ

☝️こんな感じ☝️の内容になっています🤩

《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎はどんなキャラ?

煉獄さんを3文にまとめてみました😑

もちろんアニメの先も書いてますよ。

・鬼殺隊の炎柱で炎の呼吸の使い手

・無限列車で乗客を守り抜く

・猗窩座の強襲を退けるも死亡

《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎の名言

登場期間は少ないながらもいくつもの名言を残した煉獄さん。

名言を勝手にまとめてみましたよ😗

「うまい」「うまい」「うまい」

引用:鬼滅の刃7巻

このセリフは7巻54話に登場

私は煉獄杏寿郎いうキャラクターはカッコいい、強いというキャラクターが先行するんですがこの弁当を「うまい」と言ってたいらげるシーンは彼の新しキャラを引き出してくれてこのカットは今後面白いネタ名言になりそうで今回は選ばせて頂きました。

この煉獄の赫き炎刀がお前を骨まで焼き尽くす!!

引用:鬼滅の刃7巻

このセリフも7巻54話に登場

シーンとしては、無限列車内で鬼が現れたときに発した言葉で、この時期柱がどのくらい強いのかはっきりしておらず、いよいよ戦いが見れるのかといったどきどきを感じさせるシーンです。映画の予告にもこの名言が使われており、いい言葉だなと感じた。

鬼殺隊の中でも炎を扱う剣士としての信念が感じられるセリフでカッコいいと思います。下弦の鬼である魘夢の部下との戦いで出てきたセリフであり、炭治郎や善逸といった後輩たちを守る気概も感じられる名言だと感じます。

昨日の自分より確実に強い自分になれる

引用:鬼滅の刃8巻

このセリフは8巻の62話に登場

煉獄杏寿郎という男を一言でいうなれば”真っすぐ”です。この名言のシーンでも「全集中の常中」を使えるを炭治郎を”真っすぐ”に褒め、そして炭治郎の成長を”真っすぐ”に信じ、血の止め方を指導します。この名言には、今後様々な困難に立ち向かうであろう若き戦士に対する”真っすぐ”な優しさが込められています。そして、自分がいなくなった後の世界を後輩に託すような悲しさも含んでいるようで胸が熱くなりました。

老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

引用:鬼滅の刃8巻

このセリフは8巻63話に登場

鬼になれば死なない100年200年でも鍛錬して強くなれるとあかざに諭された煉獄が言い放ったこの言葉が名言だと思いました。人間というのは老い、いつかは死ぬ。だからとても愛おしく儚いものだというこのセリフをみてハッとして妙に納得することができたのでこの言葉を選びました。

鬼滅の刃の醍醐味ともいえる鬼の不死の身体を真っ向から否定している点がカッコいいです。鬼のボスである鬼舞辻無惨にも通じるセリフであり、物語に一貫して関わっているセリフであると思います。人間という存在を読者も考えてしまうような名言だと感じます。

強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない

引用:鬼滅の刃8巻

これも8巻63話に登場したセリフ

煉獄さんをかっこよく見せる芯をよく表している言葉だなと思い、この台詞を名言に選びました。煉獄さんは隊士のなかでも体格に恵まれて、全集中で傷を塞ぐ事を指導するシーンや戦闘シーンではとんでもないタフさであることが伺えます。その強靭な身体を作るために、とんでもない努力を重ねた上での台詞だと思うと、とてもグッときました。さらに、この台詞が出た後の回想で煉獄さんの母が病床で煉獄さんへ強さの使い方を諭したエピソードがあります。そのエピソードを照らし合わせると、煉獄さんにとっての強い人は病に臥せっていた母親だったのかなと思い、じんわりと暖かい気持ちになります。

俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰死なせない!!

引用:鬼滅の刃8巻

これは8巻64話に登場したセリフ

母の教えである、‘強く生まれてきた理由は弱いものを守るため’だということが煉獄の中で軸にあるのが感じられる一言だと思ったからです。人間を守りながら被害を最小に抑え、上弦の参に立ち向かう姿に胸を打たれました。

胸を張って生きろ

引用:鬼滅の刃8巻

これは8巻の66話に登場するセリフ

炭次郎は煉獄の死は自分の弱さが原因だと思い、たくさんの柱のもとで修行し、炭次郎を強くするきっかけを作ったから。煉獄は炭次郎が自分の死を弱いからと、気が滅入るのではないかと思い、足を止めても時間の流れは止まってくれないと、すべてを悟っているようであったからです。

煉獄さん自身が、自分にこの言葉を投げかけて、自分にムチ打って鍛錬を続けてきたんだろうなと感じて、切なくなるとともに感動してしまったから。また、最後の最後まで後輩の背中を押し続けようとする姿勢に煉獄さんのかっこよさを感じたから。

煉獄杏寿郎はこのセリフのあとに亡くなってしまい、以降は出番がないのですが主人公である炭治郎たちに深く刻み込まれたセリフだと思います。この後の話で、上弦の鬼と対峙する炭治郎が曇りのない堂々とした戦いを出来るようになった一因だと考えています。

心を燃やせ

これも8巻の66話に登場するセリフ

炭治郎たちかまぼこ隊に送った言葉。

死に際の煉獄の言葉は心に深く刻まれます。

そしてこの言葉はこの先炭治郎がピンチの時に何度も思い出す言葉になります。

心を燃やせ

煉獄さんの最後にぴったりとも言えるかっこいい名言でしょう。

《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎の名言まとめ

改めて煉獄さんの名言をまとめてみます。

煉獄杏寿郎の名言まとめ

・「うまい」「うまい」「うまい」

・この煉獄の赫き炎刀がお前を骨まで焼き尽くす!!

・昨日の自分より確実に強い自分になれる

・強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない

・老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

・俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰死なせない!!

・胸を張って生きろ

・心を燃やせ

もっと生きていてくれよ!!!

そのかっこいい姿を見せてくれよ

とにかくそう思わずにはいられません😭

煉獄さんの活躍が凝縮された映画もあります

もうこれは見るしかないですよね🥴

熱い意見や感想があるあなたは

・記事下のコメント欄

・LINE→こちら

・Twitter→こちら

のどれでもいいのでメッセージを下さい🥺

僕も全力で返答していきますよ💪💪

プロフィール

こんにちわ

「きめっちゃん☆」運営者けえとです

鬼滅の刃にどっぷりの理系大学生

 

このサイトでは、独断と偏見で鬼滅の刃をぶった切っています

僕一人で運営しているので、テンポが遅いと思うかもしれませんが、ぜひ楽しんでいってくださいね

Twitterでも鬼滅の刃のことばっかり呟いているので、フォローしてみてください

 

 

LINEの方でもお友だちを募集中です!

ぜひともお話ししましょ

 

 

(C)吾峠呼世晴・集英社・ufotable・アニプレックス

本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

関連サイト:公式HP,週刊少年ジャンプHP

キャラ 煉獄杏寿郎 鬼殺隊
けえとをフォローする
きめっちゃん☆

コメント