《鬼滅の刃》ネタバレ193話!無惨に大きな異変が!?

鬼滅の刃ネタバレ193話ネタバレ
けえと
けえと

どうもこんにちわ😎😎

きめっちゃん

前回の鬼滅の刃192話で、ついに明かされた十三番目の型の正体。

193話が非常に気になりますね🤪

この記事の内容は

・鬼滅の刃193話の詳細ネタバレ

これだけです!

《鬼滅の刃》193話ネタバレ詳細

けえと
けえと

さて見ていきましょ😜

巻頭カラー

炭治郎を見て無惨は思う。

死の縁を垣間見た生き物は

より強靭になると

死を回避するために

通常生きていく上では不必要だった感覚や力の扉が開かれるのだ

扉を開けぬ者は死に

扉を開いた者は・・・

ヒノカミ神楽をつなげ

炭治郎が強くなったことを認める無惨。

他の柱たちも赫刀を発現させたことに、感心していた。

しかしそれでも思う。

あの男の赫刀の斬撃は

こんなものではなかった

遠く及ばないのだ

無惨は縁壱の姿を思い浮かべていた。

そんな中炭治郎は技をつなぐ。

日暈の龍・頭舞い

火車

やっと六つつながったのだった。

けえと
けえと

これで半分🙄

しかし技が届いてないことも気づいていた。

速すぎる

肺を殴られているみたいだ

四肢が引きちぎられるように痛い

心臓が破裂する

とっくに限界を超えた体で、炭治郎は考えていた。

あと1時間

その時、ガクッとよろけてしまった炭治郎を無惨の攻撃が襲う。

それを辛うじて防ぐのだった。

この瞬間以外考えるな

自分に言い聞かせ、さらに技をつなげる。

幻日虹

灼骨炎陽

無惨の違和感

もう技の精度が落ちた

あんなものそうそう生まれてなるものか

炭治郎と縁壱を重ねて無惨は思う。

何だ?

しかしあと1歩のところでトドメがさせない。

ことを不思議に感じ始めていた。

なぜ私は

疲弊しきった手負いの人間1匹にとどめをさせない?

その時はっと気づく。

引用:鬼滅の刃193話

「自分も遅くなっている」ということに。

原因は間違いなく珠世にあることに気づいた無惨。

取り込んだ細胞から顔を復元し聞き出す。

お前は何をした?

すると珠世はニヤッと笑って

言わない

無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?

イラついた無惨はぐしゃっと握り潰した。

薬の正体は・・・

細胞に残る記憶を読むことにした無惨。

そこには、ゆしろうとしのぶとともに薬の開発をしてる風景が映っていた。

薬は複数のかけ合わせにしましょう

そんなしのぶの提案で人間戻りの薬以外にもう一つ。

それが、珠世の作った老化の薬だった。

作用は強力で、無惨を1分で50年を老いさせることができる。

そうか私は老化し続けていたのだ

だからこの程度の鬼狩りの始末にてこずった

三時間以上作用していたと思われる

つまり私は

引用:鬼滅の刃193話

無惨の白髪は老化が原因だった。

つながるヒノカミ神楽

カアアッ

夜明けまで五十九分!!

そこから炭治郎の猛攻が始まる。

日の呼吸

飛輪陽炎

輝輝恩光

火車

碧羅の天

烈日紅鏡

炎舞

幻日虹

円舞

斜陽転身

灼骨炎陽

日暈の龍・頭舞い

陽華突

ついに十二つながったのだった。

繰り返せ

この十二の巡りを!!

夜明けまで!!

《鬼滅の刃》ネタバレ193話!まとめ

一分で50年はちょっとチートですね🤪

流石は珠世さんですよ。

みんなの戦いがつながってここまで来ている感じがやっぱりいいですね!!

急に炭治郎が戦えるようになったんじゃなくて、時間を稼ぎ老いさせ、ここまで弱体化させることで戦えるようになった。

美しい😚

鬼滅の刃194話に続きます。

《鬼滅の刃》192話ネタバレ<<

>>《鬼滅の刃》194話ネタバレ

熱い意見や感想があるあなたは

・記事下のコメント欄

・LINE→こちら

・Twitter→こちら

のどれでもいいのでメッセージを下さい🥺

僕も全力で返答していきますよ💪💪

プロフィール

こんにちわ

「きめっちゃん☆」運営者のけえとです

鬼滅の刃にどっぷりハマった理系大学生

 

このサイトでは、独断と偏見で鬼滅の刃をぶった切っています

僕一人で運営しているので、テンポが遅いと思うかもしれませんが、ぜひ楽しんでいってくださいね

Twitterでも鬼滅の刃のことばっかり呟いているので、フォローしてみてください

 

 

LINEの方でもお友だちを募集中です!

ぜひともお話ししましょ

ネタバレ
けえとをフォローする
きめっちゃん☆

コメント